こんにちは。

6月。はや、梅雨の季節になりました。
 
 先日、ラーネッド図書館内に新しくオープンしたラーニングコモンズを見てきました。土曜日でしたが、窓際のコンピュータが使えるスペースを中心に、学生が、書物やパソコンに向かい合っていました。その姿には、静かさの中にあって、少し張り詰めた緊張感のようなものがありました。学問的好奇心のみならず、将来への夢や希望、そして若さとエネルギーを感じました。正直、少し羨ましくも思いました。
 彼らの将来には、今まで人類が経験しなかったような技術や経済、社会の変化、そしてそれに伴う大きな価値観の変化までもが、待ち受けていると考えられます。彼らは、自らの力で前人未到の世界を切り開いていかなければなりません。このような状況にあって、私にできることは、そのサポートと彼らを温かく見守ってあげることぐらいでしょうか。微力ながら、教育・研究の場を通して、誠心誠意、その努めを果たしていきたいと思います。
 ラーニングコモンズの一部の机の上には、『ドリンクはフタ付きのみ可』と書かれたプレートが置いてありました。昨年の会議のことを思い出しました。ラーニングコモンズ担当の先生から、「『ドリンクはフタ付きのみ可』になりました」と、報告がありました。それを聞いた私は、次の質問をして、失笑を買ってしまいました。「飲み物は、2ヶ月間(ふたつき)だけ、持ち込みが許可されるということですか?」


ーーーーーーーーーーー

私たちは、縁あって「計測分離工学研究室」に集まってきた仲間です。
 「一期一会」
を大切にしたいと思います。それぞれの立場や考えを理解しあえる生涯の仲間(友人)に、ここで出会えることを願っています。

そして大事なこと、私たち「計測分離工学研究室」では、
  皆で知恵を出し合い議論しながら、
    完成した機器の使用や既存の考え方を利用することに甘んずることなく、
  常に新しい分離や計測の手法を提案し、
    基礎から応用まで幅広い研究に取り組んでいきたい
と思っています。

もう一つ大切なこと、
  この自由で平和のなか、何不自由することなく、
    皆で勉学に勤しめる環境にいることを、
      森羅万象、すべてに相共に感謝したいと思います。

 同志社大学理工学部
 化学システム創成工学科

計測分離工学
研究室


教授 塚越一彦
         

MENU

  • TopLinkIcon
  • 研究室紹介LinkIcon
  • 研究課題LinkIcon
  • 研究業績LinkIcon
  • メンバー構成LinkIcon
  • スケジュールLinkIcon
  • 関連リンクLinkIcon
  • 連絡先LinkIcon
  • みんな集まれ!LinkIcon

  • EnglishLinkIcon